請求可能な慰謝料とは

賠償請求人身事故でも物損事故でも、損害賠償請求をすることはできます。しかしながら、ケガや傷害を負ったにもかかわらず、物損事故として処理されてしまうことで、デメリットが生じることがありますので、十分に注意が必要です。例えば、自賠責保険に賠償請求できないという可能性があります。人身事故の場合、自賠責保険から支払いを受けることができますが、物損事故の場合は、自賠責保険から賠償金は支払われません。それ故に、加害者が任意保険に加入していない場合には、物損事故扱いとなった際には何も受け取ることができなくなってしまいます。

あるいは、人身事故として扱うことのできる案件について、物損事故として処理されることで、軽度のケガとして判断され、相手側の保険会社が治療費の支払いを早々に打ち切るという可能性も出てきます。また、人身事故の場合、警察は実況見分調書という記録文書を作成しますが、物損事故の場合には、簡略化された物件事故報告書しか作成しません。しかも、物件事故報告書は入手が困難な為、いろいろなデメリットがつきまとうことになります。重要なポイントとして、物損事故の場合は加害者が処分を受けないという点があります。ここを十分にふまえて、人身事故か物損事故かを考える必要があります。