物損の慰謝料について

物損事故の慰謝料請求には十分に注意が必要になりますが、実際に物損事故が起こった場合、認められる可能性がある損害賠償にはどのようなケースがあるか紹介します。

車両の破損車両の破損について、物損事故として賠償が認められる場合とは、修理費、全損の場合、評価損益等があります。修理費は破損した車両に対する修理費であり、必要性の範囲内で認められます。また、物理的全損、経済的全損という2つの全損があり、物理的全損は、車両の損傷が大きく、修理不能な場合を指します。経済的全損は、修理は物理的に可能、ただし修理費用が車両の時価に、買い替えた際の費用を加えた金額を上回る場合を指します。全損のケースには、原則、車両の時価額相当が賠償額として認められます。評価損益とは、修理をしたとしても、外観・機能的に欠陥が出たり、事故によって商品価値が下がると想定される場合に認められる可能性があります。

他には、長期間に渡り修理、あるいは買い替え期間が必要になった場合に、レンタカー等の代車利用した場合に認められます。これには、代車の必要性、代車の種類、代車が認められる期間等、相当かどうかの判断が行われます。物損の慰謝料については、デメリットも大きい為、よく考えた上で検討されることをお勧めします。一人では解決できない問題なので、交通事故被害なら弁護士相談をしましょう。無料相談を行っているところもありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。